よく葬儀あるいは告別式…といった言葉を聞くと思います。
葬儀と告別式、どちらもお葬式のことだと思っている人が多いです。
しかし実は似ていて、違っているのです。

葬儀というのは、死者を弔う儀式のことになります。
普通は亡くなられた方の冥福を祈り、火葬することを指します。

一方告別式というのは、亡くなられた人との最後のお別れをする儀式になります。

そのため「葬儀ならびに告別式」という言い方をすることが多いです。

また地域によっては、葬儀を執り行ない、その後で告別式を行う…、というように、
葬儀と告別式を全く別のものとして分けて行うところもあります。

そのような地域では、告別式は、亡くなられた方とお別れする儀式…ということになっています。

そのため告別式では、亡くなられた方とお別れするために、
遺族や親族、それから参列者が、焼香をしたり、献花をしたりしています。

お葬式に行った場合には、その地域の習わしに従いましょう。

家族葬が安いのは、コチラ

カトリックのお葬式とプロテスタントのお葬式とでは、また違っています。

無論おんなじキリスト教モデルのお葬式ですから、通じるスポットも多いです。
疎ら異なるといえるでしょう。

プロテスタントのお葬式では、
亡くなられたクライアントの遺族や親族、近親やつ、そしたら参入やつが入場し着席するって、
お葬式が始まります。

それでは、前奏が始まり、お祝い歌をみなで斉唱します。
続いて聖典を朗読し、祈祷します。
祈祷をしたら、またここでお祝い歌を歌います。

そうして牧師ちゃんが亡くなられたクライアントの、売り込みをします。
その人の故郷や育ち、そしてどんなことをした第三者なのか、略歴を紹介します。

そしたら説教だ。

説教が終われば、祈祷をします。
そうしてさらにお祝い歌の斉唱だ。

ここで、弔辞や弔電が読み上げられます。

最後に後奏と呼ばれるプレーだ。
前奏について、後奏が行われます。

最後に遺族の社長やつとなる第三者が、挨拶をして、
みなで亡くなられたクライアントに献花をし、お葬式は完結だ。家族葬の詳しい情報はこちら

密葬というのは、ふたたび亡くなられた者の社葬や本葬を行う場合に、
では、遺族や親族、睦まじいそれぞれや馴染みを呼んで、
お葬式を譲ることです。

密葬の後に、ほぼ社葬や組合葬、そしたらお別れ会といった本葬が、
執り行なわれることが多いです。

密葬は、遺族の事情や、亡くなられた者の生前の願望などによって、
一般の会葬やつは呼ばずに、
遺族や親族、また亡くなられた者の近しいそれぞれや馴染みといった、
ごくごく睦まじい人だけで、お葬式を執り行なうことになります。

但し密葬は、一般的なお葬式と全然違いはありません。
ただ、僧侶や神官、神父や牧師といった人を招かなければいけない…ということはありません。
どうしてお葬式をするのかは、遺族や親族が定めることができます。

密葬でお葬式を与えるのであれば、葬儀に参列する必要はないでしょう。
また遺族や親族の希望を持って密葬としているわけですから、
列席諦めるほうがよいでしょう。家族葬の費用

お葬式に呼ばれ、参列することがあれば、とにかく知っておかないと行けないことがあります。
それがお葬式の種類だ。

亡くなられた人物やまたそのお葬式の喪主となる輩が、どの宗教に入っているか…ということです。
また宗教によっても宗派も様々です。
宗教が同じでも、宗派が違えば、お葬式のやり方もまた異なってきます。

多くの邦人が、仏教であることが多いです。
そのため仏教以外のお葬式に参列することになっても、まるでこまることはありません。
たいていそのお葬式に列席やる人のほとんどが、仏教以外のお葬式の列席の行儀を知らないからです。

とは言っても、何もお葬式の行儀を知らないまま列席していては、不安で脈してしまいます。
多少の記載があれば、色々頼もしいものです。
堂々とした立ち居仕業ができますね。

そのため、ふとした行儀でいいので、日本で主に行われているお葬式の行儀を念頭にでも入れておきましょう。家族葬の詳しい情報はこちら