お葬式には様々な顔ぶれがあります。

お葬式に呼ばれ、参列することがあれば、とにかく知っておかないと行けないことがあります。
それがお葬式の種類だ。

亡くなられた人物やまたそのお葬式の喪主となる輩が、どの宗教に入っているか…ということです。
また宗教によっても宗派も様々です。
宗教が同じでも、宗派が違えば、お葬式のやり方もまた異なってきます。

多くの邦人が、仏教であることが多いです。
そのため仏教以外のお葬式に参列することになっても、まるでこまることはありません。
たいていそのお葬式に列席やる人のほとんどが、仏教以外のお葬式の列席の行儀を知らないからです。

とは言っても、何もお葬式の行儀を知らないまま列席していては、不安で脈してしまいます。
多少の記載があれば、色々頼もしいものです。
堂々とした立ち居仕業ができますね。

そのため、ふとした行儀でいいので、日本で主に行われているお葬式の行儀を念頭にでも入れておきましょう。家族葬の詳しい情報はこちら