最近は、密葬というメッセージを思い切り耳にします。

密葬というのは、ふたたび亡くなられた者の社葬や本葬を行う場合に、
では、遺族や親族、睦まじいそれぞれや馴染みを呼んで、
お葬式を譲ることです。

密葬の後に、ほぼ社葬や組合葬、そしたらお別れ会といった本葬が、
執り行なわれることが多いです。

密葬は、遺族の事情や、亡くなられた者の生前の願望などによって、
一般の会葬やつは呼ばずに、
遺族や親族、また亡くなられた者の近しいそれぞれや馴染みといった、
ごくごく睦まじい人だけで、お葬式を執り行なうことになります。

但し密葬は、一般的なお葬式と全然違いはありません。
ただ、僧侶や神官、神父や牧師といった人を招かなければいけない…ということはありません。
どうしてお葬式をするのかは、遺族や親族が定めることができます。

密葬でお葬式を与えるのであれば、葬儀に参列する必要はないでしょう。
また遺族や親族の希望を持って密葬としているわけですから、
列席諦めるほうがよいでしょう。家族葬の費用