よく葬儀あるいは告別式…といった言葉を聞くと思います。
葬儀と告別式、どちらもお葬式のことだと思っている人が多いです。
しかし実は似ていて、違っているのです。

葬儀というのは、死者を弔う儀式のことになります。
普通は亡くなられた方の冥福を祈り、火葬することを指します。

一方告別式というのは、亡くなられた人との最後のお別れをする儀式になります。

そのため「葬儀ならびに告別式」という言い方をすることが多いです。

また地域によっては、葬儀を執り行ない、その後で告別式を行う…、というように、
葬儀と告別式を全く別のものとして分けて行うところもあります。

そのような地域では、告別式は、亡くなられた方とお別れする儀式…ということになっています。

そのため告別式では、亡くなられた方とお別れするために、
遺族や親族、それから参列者が、焼香をしたり、献花をしたりしています。

お葬式に行った場合には、その地域の習わしに従いましょう。

家族葬が安いのは、コチラ